大阪での井戸の掘削の費用は?


生活用(風呂、台所、飲用)などのために、
井戸掘削を検討している方もいらっしゃるかと思います。

地下水は、井戸を掘る場所によって、
帯水層の深さ、水質、汲み上げられる地下水量が異なります。

井戸とは地面を掘削し地下水をくみ上げるための設備です。

井戸を利用することで水道料金削減や業務用水、工業用、
生活用、お庭の散水、家庭菜園、等様々なご利用方法がございます。

ただ、最初は井戸の掘削に費大きな用がかかってしまいます。

今回大阪で井戸を掘るとすればどのくらいかかるのでしょうか。

単純に掘削1m当たりの単価で、
1万円~10万円以上まであり、予算・条件によって異なります。

井戸の種類は大きく分けて、
打抜き井戸と打ち込み井戸と掘抜き井戸とがあります。

打抜き井戸は、10cm程度の穴を掘って、
そこにパイプを入れることにより、
周囲の水をパイプに引き込んでいき、
溜まった水をくみ上げていくものです。

打ち込み井戸は、地下水を取水できる方法の中でも、
最も経済的で簡単な方法なのですが、
施工できる場所は地質の柔らかな場所や帯水層がある場所等の
条件に限られてしまいます。

掘抜き井戸は、通常井戸といえばこの掘抜き井戸を指しますが。

穴の直径およそ60センチのサイズが最も多く、
土質によって深さは6メ-トル前後から、
最大15メ-トル程度まで掘削できます。

昔ながらの、
大きな筒状の穴を空けて汲み上げる掘抜き井戸があります。

掘削費用は 打抜き井戸、
打ち込み井戸ですと20万から30万ほどの金額がかかります。

掘抜き井戸です最低でも30万以上はかかってしまいます。

これは掘削の費用だけです。

その他にオプション料金がかかってきますので、
オプション料金も予め考えて予算組むのが良さそうですね。

手動ポンプ取付、電動ポンプ設置、ポンプ小屋、電気設備、
砂こし機取付、蛇口取付、配管工事、除鉄、除臭、
除菌装置設置などがオプションとして考えられます。

電動ポンプは10万を越えるものが多いです。

なお、打ち抜き井戸は、 DIYで井戸を掘ることもでき、
日常の生活の中で井戸水を利用する目的であれば、
水量や施工性の面から、
打ち抜き井戸が一番利用しやすいかもしれませんね。